“ナナメの関係“で高校生の選択肢を広げる「カタリ場」レポート!

志佐

高校2年生の、2月。
進学や就職活動が目前に控え
社会への不安や期待が入り混じる時期。

松浦市唯一の高校・松浦高校では、
将来の選択肢を広げ
次の一歩につなげることを目的に、
高校生と“ナナメの関係”にある
大学生や若手の社会人と進路や将来を語り合う
キャリア学習プログラム
「カタリ場」を開催しています。

「カタリ場」は、
東京のNPO法人カタリバが運営。
2004年から年間200以上の高校で開催されていて、
松浦高校では今年で2回目です。

1回目となる昨年の反響はとても大きく、
「カタリ場」をきっかけに
地元に就職する意思を固めた生徒や
勇気を出して進路を変更した生徒、
不安な気持ちを拭うきっかけができた生徒など
多くの生徒に一歩前進するきっかけを与えたそう。

P1030222

「カタリ場」の具体的な内容は
主に3つ。

はじめに、
大学生ボランティアスタッフが
高校生をサポートしながら、
何人かいる先輩のうちどれを聞きに行くか?を
決定します。

P1030231

senpai

つぎに、
大学生や若手社会人など
“ナナメの関係”となる先輩の
進路選択時や就職活動などの話を聞きに行きます。

今回の先輩の話は
松浦市出身・松浦市で働いている先輩、
福岡県出身・松浦市で働いている先輩、
東京都出身・東京都で働いている先輩と
多彩なラインナップです。

IMG_0228

IMG_0217

IMG_0216

そして、さいごに、
大学生ボランティアスタッフと一緒に
約束カード を記入。

P1030256

P1030250

“今日からできる小さな行動”を
約束カードに記入して
スタッフと約束をすることで、
この場で動いた自分の気持ちを
大切に持ち続けられるよう工夫されています。

P1030261

ちなみに、松浦高校は
「親に悩み事を相談できる」と
アンケートで回答した生徒が78%と、
全国的に見てとても高い数値だそう。

P1030210

ですが、進路や就職となると
なかなか相談しにくいことや
言葉にしにくい悩みもあるかもしれません。

そこで、利害関係がなく年齢や感覚も近い
“ナナメの関係”の先輩たちの話を聞いたり
大学生と対話したりすることで、
自分の本当の気持ちに気づけたり
将来を大きな視野で考えられたりと、
生徒たちの大きな一歩へとつながっているのです。

P1030232

P1030254

P1030253

人を変えるのは、
人との出会い。

そんな思いのもと
前日から松浦に入って研修を兼ね、
松浦高校生に寄り添ってくれた
大学生ボランティアのみなさんと
NPO法人カタリバのみなさん。

「カタリ場」終了後の
生徒たちのイキイキした
なんだか晴れやかな表情が
とても印象的でした。

P1030268

生徒たちの具体的な感想など
また、ご報告します!

P1030267

おすすめの記事