近くて遠い、子どもたちの米づくり体験。

田代

わたしたちは、
日本のことや毎日食べる食材のことを
どれだけ知ってるだろう?

そんな、
大げさなようで大げさではないことを
考えるきっかけになった米づくり体験。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

農業の楽しさ、大変さを感じ、
自然と思い切り触れ合って欲しいと、
田代地区で全国からの民泊体験受入を行う
“田代地区グリーン・ツーリズム研究会”のメンバーが
御厨小学校5年生40名にレクチャーしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子どもたちは緑豊かな山の中で
種の選別からはじまり、
種まき、田植え、収穫、餅つきと
一年間5回を通して体験していくそうです。

今回は、
地元でもなかなか体験できない
昔ながらの手植え体験。

朝9時ごろにスタートした田植えは、
「ぬるぬるする〜!」「深い!!」と
大騒ぎでスタートしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3本の苗を
一回一回手で分けながらの田植え作業。

ちなみに、3本ずつ植えることで
苗が伸び伸びと成長して収量が上がるため
機械植えより収量が多いんだそう。
(機械植えは2~8本植えになるそう)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コツコツ地道に植えていくこと約1時間半。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

泥合戦やオタマジャクシ拾いを挟みつつも
無事に田植えが完了しました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

足が抜けにくい赤土の重粘土の田んぼで
尻もちをつきながら頑張った子どもたち。

大変だったけれど、この土質のおかげで
美味しいものがとれるそう。
やはり美味しいものをつくるには
簡単にはいかないのだなぁ、としみじみ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

終了後は、むかし
田植えの腹ごしらえに食べられていた
「かから団子」をいただきました。

このお団子は
“田代地区グリーン・ツーリズム研究会”のメンバーが
小学校6年生に教えながら手作りしたもの。
ちなみに「かから」と言うのは
「サルトリイバラ」と言う木の通称なんだそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

体験は3時間程度で終わりましたが、
少人数で、種の選別、種まき、
広い田んぼでの田植え、
毎日の管理、収穫、脱穀等々を想像すると
とても楽ではない米づくり。

この有難さを、子どもたちも私たちも
身近に感じることができればきっと、
毎日の食事をもっと美味しく頂ける。

そして、それこそが
ゆたかな食生活と
ゆたかな暮らしにつながる。

小さな苗を植えることで、
大きなことに気がつくことが出来た
田代地区での田植え体験。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このゆたかな自然の中で
苗とともに、子どもたちの心が
健やかに育っていくことを願います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

田代地区グリーン・ツーリズム研究会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長崎県松浦市御厨町田代免1209
☎0956-75-3187
メール:tashiro-g.t @ basil.ocn.ne.jp
URL:http://tashirotiku.com
Facebook:http://www.facebook.com/tashirotiku

田代グリーン・ツーリズム研究会(代表:岩木さん)

グリーン・ツーリズムとは、森林、海辺、田園そして農村で休暇を過ごすこと。ヨーロッパ諸国では国民的な余暇様式として定着しているそう。農村宿泊体験・農業体験・味覚体験・自然体験・工芸体験・加工品作り体験のほか、田舎暮らし相談や定住サポートも実施しています。

おすすめの記事