旨い!早い!安い!濃厚&クリーミーな青島「島ガキ」。

青島

「養殖1年目が“1年生”。
だいたいは“3年生”で出荷するとけど
青島んもんは“2年生”で出荷できる
大きさに育ったっさ〜。」

「ウチのは早生(わせ)ばい!」

とニコニコ笑顔で教えてくれた
谷川さんと辻山さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

島民約250人の青島では、
年上の男性は“兄やん”
年上の女性は“姉やん”と呼び、
島全体が家族のように仲良し。

その中で生まれ育ったお二人は、
海に学び、魚と遊び、
今では島のスペシャリストに。
島のうまかもんを全国に発信したいと、
“島ガキ”=青島で育てる岩ガキの
養殖をスタートさせました。

今では松浦市の特産品として
東京や福岡のこだわりの飲食店からも
注文が入るようになったそうです。

海の上の作業場で
一つ一つ丁寧に磨きをかけて
出荷しています。

P1016316

P1016320

P1016325

島ガキの特徴は、
まず、大きくて旨い!こと。

ぷっくりと太った身は
夏の真ガキよりも濃厚&クリーミー。
コラーゲンたっぷりだから
女性にもうれしいですよね。

kaki

二つ目の特徴は、
育ちが早い!こと。

島ガキを養殖している内海には
餌となる良質なプランクトンが停留し、
通常3年で出荷するところ
2年で出荷できる大きさへと成長し、
これには谷川さんと辻山さんも
ビックリしたんだそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、三つ目の特徴は、
他より安い!こと。

島ガキを育てる“家”となるイカダは、
海を知り尽くした
島の男たちの手作り。
設備にかかるコストを抑えているから
お手ごと価格で提供できるんだとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、島ガキは、
“海のミルク”と言われるほど
栄養が豊富。

タウリンなどのアミノ酸や、
亜鉛などのミネラル、
ビタミンや鉄分などを含んでおり、
夏バテ防止に効果が期待できそう。

IMG_2500 (1)

さらに、
アルコールの分解に大切な
グリコーゲンがたっぷり。
ビールと合わせて
BBQに加えると
盛り上がること間違いなし♩

1粒がおよそ15kcalと
低カロリーだから、
女性にもうれしい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏にぴったりの「島ガキ」は
青島から全国へ直送しており、
1kg単位(約4個)から注文可能。

ご注文・お問い合わせは
青島家 代表 谷川さんまで。

質問にも気さくに答えてくれますので
お気軽にどうぞ!

*画像をクリックするとPDFファイルが開きます↓

150529_kaki_no.ai

150529_AOchirashi_ura_nyu

谷川 一寿 さん、辻山 新悟 さん

「生ならレモンだけで十分!」という谷川さん(カズやん)と「生で良し、焼いて良し、揚げて良し!」という辻山さん(しんごやん)。離島丸ごとひとづくり事業で島のみなさんの意見をまとめたり、島民手づくりのお祭り「青島 海のうまかもん祭り」でリーダーをしたりと、島の未来を考え行動するお二人。

おすすめの記事