松浦市の魅力を、市外の方に知ってもらうために。手に取ってもらうために。好きになってもらうために。
もの・こと・ひとづくりに関する専門家のお話や市外の成功事例・市内の好例をご紹介します。
そこから見えて来る「思考のポイント」を学んで、まちも、あなたも、しあわせな未来を創りませんか!

ビジネス創造塾 青小屋

しし:もうすっかり秋バイ!

いぬ:秋やね〜!久しぶりの登場バイ!

しし:毎日暑かね〜!

いぬ:暑か〜!海も空も毎日真っ青ばい!

中村:まさに「青のまち」ですね!!

しし:そうさね〜!「青のまち」ばい!!

いぬ:あっ!もしかして、海も空も青かけん「青のまち」ね?

しし:「青のまち」の意味は …

ローカル戦国時代を生き抜く“視点”。

しし:そいぎんた、プロとおい達の何が違うとやろ?

いぬ:そりゃ、プロフェッショナルで専門家やけん、違うやろ!

しし:でもね?松浦の事業者にも
   これまでの経験があらすやろ?

ローカル戦国時代を生き抜く“武装”。

しし:友香ちゃんが勉強してきたとは、
   「外貨」ば稼ぐって言うことよね?
  
いぬ:つまり、市外で売っていくと?

中村:そうですね。そのためには、
   市外で売れる商品をつくる必要があります。

しし:梅雨入りしたバイ。
   外に出られんけんね、
   作戦会議するなら今バイ!

いぬ:なんの作戦きゃ?

本物を気軽に体感できる、魅力的なコト・モノづくりを。

中村:ええっと、
   話を戻すと…

   日本でメジャーになるには、

本物だからこそ。松浦のジレンマ。

中村:私は、九州アートディレクターズクラブという、
   日本で唯一他県・他業種のクリエイター約80名が集う
   団体に所属しています。

魅力を創る「まつらゼミ」とは?

しし:どうも!しし学長です。

いぬ:いぬ学長と申します。

しし:二人合わせて…