松浦市の魅力を、市外の方に知ってもらうために。手に取ってもらうために。好きになってもらうために。
もの・こと・ひとづくりに関する専門家のお話や市外の成功事例・市内の好例をご紹介します。
そこから見えて来る「思考のポイント」を学んで、まちも、あなたも、しあわせな未来を創りませんか!

ビジネス創造塾 青小屋

松浦党はじまりの地、今福神社。

時は平安時代。

嵯峨天皇の血を引く
源久(みなもとのひさし)が、
この地を治めようとやって来ます。

一行が最初に着いたのが
今福町ぎぎが浜、
それから「歳の宮」に上陸し
仮の陣屋を築きました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
P1030472

その歳の宮が
現在の「今福神社」です。
60546079_1080958365445437_8775422040397053952_n

源久は、のちに
源平合戦や元寇で活躍した
松浦党をはじめた人物。

およそ千年も昔の話ですが、
今福町をはじめ
私たちの暮らしのまわりには、
日本の歴史的な場所や物語が
今もいきています。
42145979_936857676522174_4965925768426160128_n

戦わずして勝つ!ゆるふわ魅力発信講座

変わって現代は、
ローカル戦国時代。

どの地方も〝魅力発信〟に
注力しています。

戦わずして勝つには
「ならではの魅力」と「物語」、
そして自らがまちの魅力を
知り、学び、楽しむ「市民力」が大切。

松浦ならではの魅力=
松浦党の今・過去・未来をつなぐ物語を
知ることから始めてみませんか?

簡単な記事作成講座も同時開催!

講座の申し込みや問い合わせ
〝市民記事〟に関する質問など、
青の大学へご連絡ください。

ちいさなことでもお気軽にどうぞ!

松浦の魅力を知ろう!学ぼう!楽しもう!魅力発信講座「青子屋」

市民講座①
テーマ:おもしろ松浦ヒストリー
講 師:今福神社宮司 早田伸次
_1D_5852
市民講座②
テーマ:印象にのこる文章術
講 師:青の大学運営 宮田友香
image001
日時:6/22(土)①14:00〜15:00 ②15:00〜15:30
場所:今福神社 松浦市今福町東免68
定員:15名(先着)
料金:500円(お茶とお菓子代)
申込:メール、Facebook Instagram のメッセージ
info★ao-university.com ←★を@に変えてお送りください
青の大学 Facebook Instagram
60877218_1084780578396549_2071498259125239808_n

しし:もうすっかり秋バイ!

いぬ:秋やね〜!久しぶりの登場バイ!

しし:毎日暑かね〜!

いぬ:暑か〜!海も空も毎日真っ青ばい!

中村:まさに「青のまち」ですね!!

しし:そうさね〜!「青のまち」ばい!!

いぬ:あっ!もしかして、海も空も青かけん「青のまち」ね?

しし:「青のまち」の意味は …

ローカル戦国時代を生き抜く“視点”。

しし:そいぎんた、プロとおい達の何が違うとやろ?

いぬ:そりゃ、プロフェッショナルで専門家やけん、違うやろ!

しし:でもね?松浦の事業者にも
   これまでの経験があらすやろ?

ローカル戦国時代を生き抜く“武装”。

しし:友香ちゃんが勉強してきたとは、
   「外貨」ば稼ぐって言うことよね?
  
いぬ:つまり、市外で売っていくと?

中村:そうですね。そのためには、
   市外で売れる商品をつくる必要があります。

しし:梅雨入りしたバイ。
   外に出られんけんね、
   作戦会議するなら今バイ!

いぬ:なんの作戦きゃ?

本物を気軽に体感できる、魅力的なコト・モノづくりを。

中村:ええっと、
   話を戻すと…

   日本でメジャーになるには、

本物だからこそ。松浦のジレンマ。

中村:私は、九州アートディレクターズクラブという、
   日本で唯一他県・他業種のクリエイター約80名が集う
   団体に所属しています。

魅力を創る「まつらゼミ」とは?

しし:どうも!しし学長です。

いぬ:いぬ学長と申します。

しし:二人合わせて…