図書館からも広がる、ふるさと納税への「ありがとう」。

2022年2月から、
松浦市立図書館で
ふるさと納税への感謝を伝える
展示が開催されています。

テーマは、
松浦に思いを寄せて
松浦を応援してくださる全国の方々。
そして、
松浦の魅力を知ってもらうために
松浦で暮らす私たちに出来ること。

IMG_3276

DSC_5207

展示コーナーでは
頂いた寄附金の使い道を紹介。

ふるさと納税で
ご寄附いただいた方への
感謝の気持ちを込めた言葉も。

DSC_5202

このコーナーを担当したのは
図書館職員の辻さん。

昨年末、一年で一番ご寄附が集まる
ふるさと納税の現場を見て、
全国のたくさんの方々が
松浦に心を寄せてくださっていることを実感。

ちなみに、
昨年度の寄附件数は約77,000件。

それだけの人が
松浦市を思い、応援してくださっている事実を
市内のみなさんと共有したいと思ったのが
展示を企画したきっかけだそうです。

IMG_3265

松浦市では
ふるさと納税で頂いた寄附金を
「しごと」「ひと」「まち」の
三つの事業で活用。

最近では、子どもたちの
オンライン授業のためのタブレット購入や、
図書館の図書購入にも
充当されています。

DSC_5210

DSC_5206

離れた地域を応援する
ひとつの形・ふるさと納税。

松浦では、心寄せへの
「ありがとう」の気持ちが
図書館からも広がっています。

おすすめの記事