岩木さんは、なぜ移住者受入れに熱心なんですか?

田代

7年前から地区の移住促進活動をやっています。

田代地区グリーン・ツーリズム研究会代表で、
まつうら党交流公社理事、
中山間地域の集落代表、
ながさき移住コンシェルジュを務める岩木さん。

令和6年に
田代地区が限界集落となることに危機感を持ち、
移住促進の取り組みをスタート。

情報発信、住まいの仲介、
地区に馴染むサポートなどを行っています。

本業である農家のお仕事も忙しい中、
なぜそのような活動を
熱心に行っているのか?

お話を伺いました。

DSC_0851

地区の行事や景観、心の交流を守るために。

田代地区住民の平均年齢は62才。

岩木さんは
「限界集落になってからでは遅い。
地区で年に1組の移住者を獲得できれば
地区が維持できる。
みんなの体が動くうちに。」
と、最近ではコロナ禍の影響を考え、
地区のホームページを作り替えているそうです。

「西九州自動車道が完成すれば、
福岡のベッドタウンにもなりうる。

今後は農業の後継者を獲得し、
民泊体験や、あたたかな心の交流を
守り継ぎたい。」

岩木さんの思いは
地区を越えて広がり、
田代ファンや移住者を少しずつ増やしています。

岩木さんが守り継ぎたいという農村の風景

田代では水稲栽培が盛ん

田代では水稲栽培が盛ん

蛍が舞い、カニなども生息する川

蛍が舞い、カニなども生息する川

筏づくり体験ができるため池

筏づくり体験ができるため池

地域のシンボル・コスモス畑

地域のシンボル・コスモス畑

低登山が楽しめる山も

低登山が楽しめる山も

農作物は100円直売所でも売られている

農作物は100円直売所でも売られている

年に数回、雪が降る

年に数回、雪が降る

岩木さん(ながさき移住コンシェルジュ)

岩木保徳さん。花専科代表。本業は菊農家。田代地区グリーン・ツーリズム研究会代表で、まつうら党交流公社理事、中山間地域の集落代表、
ながさき移住コンシェルジュも務める。松浦で生まれ育った後、東京の農業大学で学び就職。Uターン後、家業を継ぎ、地域の景観や魅力の維持継承に尽力している。

おすすめの記事